筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2019年05月02日

人間関係の悩みと無縁の人生を送る方法


 

【お知らせ】

”潜在意識の引き出し方”体感セミナーを開催します。詳細はコチラ。

 


様々な人間関係で悩んでいる人は、社会の中にはたくさんいます。

 

30数年間の社会人生活の中で、かく言う私も同じでした。

 

そもそも人間関係について、私達はなぜ悩むのでしょうか?

 

例えば、

 

・意地悪をされる
・信頼していた仲間から裏切られる
・行く手を邪魔をされる
・妬まれる

・憎まれる
・あることないこと言いふらされる
・筋の通らないことを押し付けられる

 

等々、挙げていったらキリがないでしょう。

 

このときのあなた自身は、こうした状況を、どのように捉えていると思いますか?

 

「嫌なコトを被っている自分」
「逃げ場のないところに追い詰められている自分」
「恐怖を感じさせられている自分」
「自分に非なんてないのになぜこんな目に?」

 

といった気持かもしれません。

 

ここで共通していることは、

 

「他の人から何かをされている私」
「何かを被っている私」

 

という意識だと思います。

 

「現に事実そうなんだから、仕方がないじゃないか?」

 

という声が聞こえてきそうですが・・・ここで、次の様に考えてみてください。

 

「将来、成功したあなた」が、現在のあなたに対して、

「○○を教えておきたい」
「今のうちにこれを知っておいて欲しい」
「○○の部分がまだ不完全だぞ」

 

と考えているとしましょう。

 

そのとき、どのようにしたら現在のあなたにその意図を伝えることができるのでしょうか?

 

決してスピリチュアル系の話ではありません。

 

少し具体的な話にしてみます。

 

あなたの上司にAさんがいます。

 

あなたはAさんから、とても不合理で納得できないことを無理やり押し付けられているとしましょう。

 

ここでお伝えする方法を知らなければ、

 

「何で私がこんな目に遭うの?」
「もう、こんなところイヤだ!」

 

と感じて、Aさんとの人間関係も今以上に悪化するでしょう。

 

そのときに、

 

「将来、成功した私は、上司のAさんを使って、今の私に何を学べと言っているのだろう?」

 

と考えたとしましょう。

 

将来、成功したあなたは、Aさんを役者に仕立て上げて、わざわざあなたの目の前に登場させ、あることを演じさせて、あなたに何かを教えようとした、
という考え方です。

 

こういう見方をすると、

 

「私は絶対に悪くないのに・・・」

 

とか、

 

「上司のAさんがバカだから・・・」

 

といった視点に発展しないことに気がつくと思います。

 

「この変な状態から何を学べと、将来成功した私は、現在の私に示唆しているの?」

 

という考え方です。

 

これは決して、

 

「何ごとも私のせいだ!」
「私が悪いんだ!」

 

と考えてみろ、などということをお伝えしているのではありません。

 

「何かを被って、イヤな想いをさせられる自分」

 

ではなく、

 

「新たな視点を得るチャンスを、(将来成功した自分から)もらっている自分」

 

というとらえ方です。

 

何ごともポジティブに考えよう!ということとは少し違います。

 

「これをもって、今の私に一体何を学べといっているの?」

 

という姿勢が、次の新しいあなたを生む糧になることは、事実だと思います。

2019年04月26日

9割の人が死ぬまで自分の潜在能力に気づくことができない理由


 

【お知らせ】

”潜在意識の引き出し方”体感セミナーを開催します。詳細はコチラ。


 

 

あなたは今までに、他の人から、

 

「○○さんってスゴイね…これどうやってやったの?教えて!」

 

などと褒められたり、羨ましがられたことはありませんでしたか?

 

それが、どんな些細なことだったとしても構いません。

 

このとき、あなたはどう答えましたか?

あるいは今だったらどう答えますか?

 

もしも、

 

「誰だって本気でやれば、こんなことすぐにできますよ!」

 

などという答えだったとすれば、あなたも自分の中に隠れた潜在能力に気づかずに一生を終える9割の人になるかもしれません。

 

・自分が当たり前にできてしまうこと
・苦痛を伴わずにできること
・楽しみながらやってしまうこと

 

などに対して、誰でも、

 

「こんなこと、本気になれば誰だってできること!」

 

と思い込みがちです。

 

なぜなら自分なら苦も無くできるからです。

 

従って、本当はそういった部分にこそ、その人らしさや個性が「強み」として隠れているにもかかわらず、気がつく人は稀かもしれません。

 

特に日本人の場合、謙虚さに対する高い意識があり、人前での自己アピールについては一種の抵抗感があることも、大きな要因となっているかもしれません。

 

自分の個性や能力、自らの思考のクセなどを冷静な目で見ることは、己を知ることにつながります。

 

こうしたポイントを、自身でよく認識していない人が陥るワナがあります。

 

それは、自分自身の「弱点」や自分が「できないこと」、「他よりも劣る」と感じていることに焦点を当ててしまうことでしょう。

 

他の人と比べてできない自分を責めたりすることもあります。

 

そして次にすることと言えば、

 

「この弱点やできない部分、他の人よりも劣る部分を克服していこう!」

 

と考え、行動に移していくことでしょう。

 

なぜ、自分の得意な部分、楽しくできる部分、当たり前にできてしまう部分に焦点を当てないのでしょうか?

 

不得意な部分を克服するより、余程充実して楽しいと思います。

 

自分の個性を、より大きく伸ばすことにもつながるでしょう。

 

残念ながら教育現場では、「弱点克服」とか「不得意科目をなくす」ということが、当たり前のように刷り込まれているのが現実です。

 

それぞれの個性を活かしていくより、まず同じような人材を作ることが、今までの教育の目的のひとつだったこともその一因だと思います。

 

日本が戦後焼け野原だった状態から、世界屈指の経済大国になったのも、こういった教育のお陰であったことは否めない事実でしょう。

 

そして大切なことは、これからもこういった姿勢をそのまま続けていくのか?それとも、各自の個性をもっと強みとして活かせるような社会を創っていくのか?ということだと思います。

 

私は将来、今とは反対に9割の人が自分の潜在能力を生かせる社会が必ず来ると考えています。

 

でも、そうした社会が突然来るわけではありません。

 

一部の方々から徐々に積み上げていき、ある時に突然大きく変わると思っています。

 

ご自身の潜在能力に気がついている人は、既に自分らしい人生を邁進しています。

 

そんな方々を、もっともっと増やしたいと考えています。

2018年12月31日

年末のご挨拶

いよいよ新年までのカウントダウンが始まりましたが、いかがお過しでしょうか?この1年はどんな1年でしたか?

 

「なぜ、こんなことになっちまったんだろう?」

 

とか、

 

「なぜ、こんな奴に会っちまったかなぁ?」
「なぜ、うまくいかないんだ?」

 

などと不快なことばかりが思い出され、かといって明快な解決策もなく、悶々としている方もいるかもしれませんね。

 

そんな時、次の言葉を自分にかけてみてください。

 

「何のためにこれが起きたのだろう?」
「何のためにこんな奴が目の前に現れたんだろう?」

 

さっきまで無意識に過去ばかり見て悔やんでいた状態から、未来に向かって何かを探している自分の姿勢を感じませんか?

 

これは、

 

「この過去の出来事を使って、今の私に何を学べといっているのだろう?」

 

といった意味の自問自答でもあります。

 

「何事もポジティブにそして、未来志向で考えなくちゃ!」

 

などと考える必要などまったくありません。

 

こんなことを言っていると、ポジティブに考えられない自分が、益々イヤになるだけです。

 

ちょっと言葉を変えてみるだけで、意識の向きが変わってしまうのです。

 

「言葉なんて、たかが口から出ただけのものだろう!」

 

などと言う人もいますが、言葉とは、本来そんなに軽々しいものではありません。

 

昔から言われている「言霊」の世界です。

 

そして、こういった言葉のパワーにご興味のある方、言葉を変えて人生を変えて生きたいとお考えの方、ご連絡ください。

 

ご一緒に「自分らしい人生」を見つけていきましょう。

 

それでは、良い年をお迎えください。

2018年12月11日

潜在能力とは何か?潜在能力を引き出すためのポイントとは?

潜在能力とは何か

 

潜在能力とは、まさに読んで字のごとく、あなたの深いところに眠っている能力です。

 

顕在化しているわけではないので、他の人にも、自分にもわからないのが特徴です。

 

自分にはまったく向いていないと思っていたのに、それをしていると今では楽しくてライフワークになっている、という人もいれば、逆に、自分のなりたかった姿になった筈なのに、何か自分らしさが全然感じられない、などという人もいます。

 

前者は、潜在能力に気づいた人で、後者はまだ気づいていない人だと言えるでしょう。

 

世の中には「私は将来こうなりたい」と考えて、その通りの人生を歩んでいる人がいます。この人は、たまたま運よく初めから潜在能力と意識が同じ方向を向いていたのだと思います。

 

一方で、私の多くのクライアントさんの中には、潜在能力と意思が多少ズレているな、と感じる方がおいでになります。「私はこうあらねばならない」、「こういう人でなければいけない」、「周りから○○であることを期待されている」といった意識のもとで生活している人がたくさんいます。

 

こういった方々は、与えられた義務や、課せられた責任を果たすことが最重要事項なことであって、最も大切な「自分らしい人生」は二の次になっています。周りから決められた限られた世界の中で、自分の能力を最大限発揮できれば、それでいいといった姿勢でしょう。

 

世の中には、人生半ばでまったく違う方向に大きく人生の舵を切る人がいます。

 

彼らは、何かの拍子に本当の「自分らしさ」を発見し、「自分本来の生き方」に向かって邁進を始めたのです。自分の中に眠っていた才能に目覚めた証かもしれません。
潜在能力を刺激されるチャンスに出会うと、周りがいくら「やめておけ」と言っても、次々にいろいろなことを考え出したり、行動したくなります。
こうしたチャンスとの出会いは非常に大切なことですが、このチャンスは待っていれば、自然に他からもたらされるものではありません。自分で見つけに行くものなのです。

 

自分の潜在能力を引き出すために必要な道具というものがあります。これらの道具はもともとあなたに備わっているもので、新たに身に付ける必要はありません。
でもこれらの道具のしくみを知らないでいたり、自分の持っている道具そのものに気がつかない人がほとんどです。

 

これらを使えば、誰でも自分の潜在能力を引き出して使えるようになります。そこから「あなたらしい人生」が始まるのです。

 

潜在能力は誰にでもあるのか?

 

潜在能力は誰にでもあります。もともと誰でも持っているものです。

 

でもその部分に気が付かないと、そのままになります。例えば、箪笥の奥に金の延べ棒があったとしても、そこに金の延べ棒があると知らなければ、探すこともしないでしょうし、将来見つけることもないでしょう。

 

潜在能力が高いとどんなことが可能か?

 

生きていく時に「あなたらしさ」が明確になり、あなたにしかない人生を邁進することが可能になります。

 

潜在能力とは、人より稼ぐ能力とか、相手に勝つ能力とかいったものだけではなく、その人が本来持っている能力のことです。

 

逆を言えば、先ほど挙げたような

 

「私はこうあらねばならない」
「こういう人でなければいけない」
「私はこうすべきなんです」
「周りから期待される○○であることを果たさないと・・・」

 

といった「偽りの自分」を生きている人と真反対の生き方をする人になります。

 

潜在能力を引き出すためのポイントとは?

 

前にご紹介したとおり、潜在能力を引き出す道具が必要です。

 

これらの道具は3つあります。以下に簡単に説明しておきます。

 

潜在意識

 

顕在意識と対の言葉です。顕在意識とは、覚えたり、決断したり、 行動したり、諦めたり、といった明確な意思の下でなされるものです。
潜在意識はこれらの判断や行動を起こさせる根幹にあるもので、普段は意識されることはありません。この潜在意識のしくみと特徴を知ることで、潜在意識が使えるようになります。

 

あなたがスマホのメールに返信しながら、駅から自分の家まで迷わずに帰れるのも、この潜在意識の自動運転機能のお陰です。

 

言葉

 

何の気なしに使っている言葉です。

 

例えば、あなたにとって、とてもイヤなことがあったとしましょう。そのとき、「なぜ、こんなことが起きたんだ?」と言えば、自動的に起こってしまった過去のことに意識が向かい、誰が悪い、何が悪い、場合によって自分が悪かった、などと何かを責める姿勢になります。
このとき、「何のために、こんなことが起きたんだ?」と言えば、自然と将来に意識を向けた自分に気がつくと思います。誰彼のせいにする、といった発想は初めから生まれてこないでしょう。

 

昔から「言霊」といって、言葉には魂があると言われていましたが、これが言葉の力です。

 

個人特性

 

これは上記2つのように誰にでもある道具と違い、あなたにしかない道具です。

 

誰もみんな違う道具を持っています。その持っている個人特性という道具を知り、使う環境や目的を決めることができるのはあなた自身です。

 

このように3つの道具について、その「しくみ」と「機能・役割」を知ることで、意識的にあなたの潜在能力を引き出すことができるようになります。

 

このようなアプローチで、あなたの潜在能力を引き出すチャンスを創るお手伝いができれば、嬉しい限りです。

追伸:

ランチ会の情報はもうチェックしましたか? 月に1回定期的に開催していますので、潜在意識に興味があればコチラからお気軽にご参加くださいね。

表参道ランチ会

追々伸:

質問や相談があれば、気軽にLINEでメッセージをお送りください。 LINEに友達追加いただいた方には、潜在意識の基礎について学べる小冊子を無料でプレゼントしています。

LINEへの友達追加はコチラ

友だち追加

2018年10月25日

人と「違う」ことと「同じ」こと、どちらが大切なのか?

人は太古の昔から、集団で生活をしてきました。


だから自然界にいる獣たちに比べて力の弱い人類が、ここまで生き延びて来られたのだと思います。


集団で獲物を採り、協働して農作物を作り、一定のムラ社会の中で、一緒になって共に生き延び、種の保存をしていくことで、現在につながっているのだと思います。


今自分のいる集団から外れる、あるいは外されるということは、即、死を意味することだったと思います。
それは非常に恐ろしいことです。


この感覚が、多くの人たちの無意識の世界に、今でも刷り込まれている
…というのが私の考えです。


「みんなと一緒なら間違いはないだろう!」

「ものごとは多数意見に従うのが一番安全だ!」

「調和を乱す奴は排斥しろ!」


といった“常識”が根強くあると思います。これって、ローリスク・ローリターンの考え方ですよね。


現状をできるだけ維持することが大切だ
、という考え方に近いですね。
過去の延長線上に現在、そしてこれからの未来がある、という考え方かもしれません。


一方で、世の中を先導している人、新しい価値観を創造している人、新しい世界観を持っている人は、彼らとは異なる“常識”の世界に生きています。


大多数の人とは違う視点に立って社会を見ていて、人と違う道を躊躇することなく突き進むことができるのです。


「みんなが賛成したら、それはやめておけ!」


という人さえいます。


あなたは、人とと同じ事、違うこと、どちらを大切にして生きてきましたか?

そして、今後はどう生きていこうと思いますか?


人と同じ生き方をするのも、人と違う生き方を選ぶのも、あなたの自由です。これから生き方を変えることだってできます。


あなたがより輝く生き方を見つけるためのヒントにしてみてくださいね。

追伸:

ランチ会の情報はもうチェックしましたか? 月に1回定期的に開催していますので、潜在意識に興味があればコチラからお気軽にご参加くださいね。

表参道ランチ会

追々伸:

質問や相談があれば、気軽にLINEでメッセージをお送りください。 LINEに友達追加いただいた方には、潜在意識の基礎について学べる小冊子を無料でプレゼントしています。

LINEへの友達追加はコチラ

友だち追加

港区の筆跡心理コンサルタントが贈るお役立ちコラム

日本で唯一の筆跡心理コンサルタントは、港区南青山を拠点に活動しております。セミナーやコンサルティングを通じて、たくさんの方の筆跡を拝見したり、ご相談を受け、日々思うこともございます。
そうした想いや皆様にぜひお役立ていただきたい事を、コラムとして配信しておりますので、ぜひご覧ください。コンサルティングは、ヒーリングに近いと言われることがございます。自分の潜在意識に働きかけるだけで、こんなにも自分が変わるのかと皆様驚かれるのです。
コラムではご相談を受けた方を題材にしたケーススタディーや、実際の筆跡を画像でご覧いただけるようになっております。コラムを読むと筆跡心理に興味をお持ちいただけるはずです。気になった方は、港区の筆跡心理コンサルタントにお気軽にご相談ください。