筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2014年12月26日

引き寄せ を起こす潜在意識のチカラ

201411191こんにちは、筆跡心理コンサルタントの菊地克仁です。

今日ご紹介するのは、前回のコラム、
『自分の潜在意識を知れる“ある実験”』の続きです。

今回は、潜在意識ちゃんの特徴5から特徴9までの概要を紹介していきますね。

特徴5.ものすごいパワーの持主

前回のコラムでもお伝えしましたが、潜在意識ちゃんは顕在意識くんの陰に隠れていて、その実態はよく見えません。それなのに、ものすごく大きなパワーを持っています。

前回の実験で、『金色の象さん』を考えないようにしてもらいましたが、うまくいかなかった人がほとんどだったと思います。では今回は、ちょっとまた別の実験をしてみましょう。
今度はその金色の象さんのことを、今から10秒間、もっともっと細かいところまでイメージしてみてください。例えば、大きさや目の色なんかを想像してみてください。

…どうでしょうか?ただ想像するだけなのに、なんだかワクワクした気分になってきませんか? 冷静に考えれば、いくら金色の象さんのことを考えたところで、現在も将来も、あなたにとって何ら役に立つようなことはないはず。それなのに、何となくワクワクしてしまうんです。
実はこれには、ちゃんとした理由があるんです。潜在意識の大きなパワーを使うための重要なヒントになる部分でもあるので、今後のコラムの中で解説していきます。

特徴6.ほとんどの行動を支配している

人は、ほとんどの行動を意識せずに行っています。中には「いや、私は行動したことすべてを覚えている!」という人もいるかもしれませんね。意思を持って行動したことは覚えていて当然です。ただ、意識せずに行動したことは記憶には残っていませんから、「覚えていること」は、すべて意識して行動したことだけになります。つまり、「行動したことはすべて覚えている」という表現が正しいでしょう。

昔から人のしぐさについて「無くて七癖」などと言われます。これなんかも、本人の意識しないしぐさや言動に周囲の人が気づいて表現したものだと思います。誰でも意識することなく習慣化してしまった行動特性があるものなのです。実はほとんどの行動はこうした世界に支配されていると考えてもよいかもしれません。詳しくは今後の解説を楽しみにお待ちくださいね。

特徴7.達成のための手段を選ばない

特徴4でも触れましたが、潜在意識ちゃんには価値観がありません。そのために「やってはいけないこと」と「やっていいこと」の区別がつかないのです。また、特徴5で触れたように、潜在意識ちゃんはとても大きなパワーを持っています。「ワガママし放題の2歳半の幼児」だと思ってもらったほうが早いかもしれませんね。

ですから、潜在意識ちゃんは、うまく活用することができれば自分の理想の未来へとグッと近づくこともできます。ただ逆に、恐ろしいことを引き起こしてしまうこともあるのです。
コラムでは、その特性や事例についてお伝えしていきます。

関連コラム:「できない」の壁を壊す方法

特徴8.引き寄せを起こす

よく言われる「引き寄せの法則」を起こす張本人。それが、潜在意識ちゃんです。潜在意識ちゃんの持つ絶大なパワーをもってすれば、奇跡のような引き寄せを起こすことなど簡単なことです。

では、なぜ引き寄せが起きない人がいるのか?理由は簡単です。引き寄せが起きても、「これは偶然だ!」と自分に言い聞かせているか、「そんな引き寄せなんか起こるわけがないだろう!」と思い込んでいることが主な原因です。こんな風に固く信じていれば、潜在意識ちゃんはその望みを叶えるかのごとく、「引き寄せなんかが起こるわけがない。」という状態を常に保ってくれます。それはある意味、その人の望んでいる世界を引き寄せて、ちゃんと実現化してくれていることを示しているのです。
私はできれば誰もが潜在意識ちゃんの特徴を知って、うまく引き寄せの世界を活用して欲しいと願っています。皆が素晴らしいチャンスに巡り逢い、笑顔にあふれた楽しい人生を謳歌できるように、この「引き寄せ」についても解説をしていきます。

特徴9.時間の概念がない

これはまさに、2歳半の幼児そのものの特徴だと言えると思います。潜在意識ちゃんには、時間的な概念がまったくありません。潜在意識ちゃんには、現在・過去・未来の区別がつかないんです。この特徴を利用すれば、将来の経験の先取りをすることができるようになります。詳しくは今後のコラムの中でも触れていきますが、今あなたが目指している将来の姿に「すでに自分はなっている」と思い込ませることもできます。そうすると、現実は後からついてくるのです。

この方法は、ポジティブ・シンキングとは少し異なるアプローチです。現実の問題や目の前の課題の大きさを知っているだけに、簡単にポジティブな考えや姿勢を持てずに悩む人は多いと思います。この時間の概念がない特徴を利用することにより、無理にポジティブに考える必要はまったくないところが興味深いところです。

今回は潜在意識ちゃんの特徴5から特徴9までを取り上げて、
その概要を説明してみました。1つ1つが奥深く、すべて理解するには時間がかかるかもしれません。ですが、今後のコラムの中で、さまざまな観点からその特徴や事例を紹介していきますので、ぜひ学び続けてくださいね。

次回は、潜在意識ちゃんの特徴10から特徴13について触れることにします。潜在意識の特徴についての概要解説は次回が最後です。楽しみにお待ちくださいね。

なぜ人は“強い意志”だけでは変わらないのかを更新しました。