筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2018年09月10日

三日坊主で自分を責めてはいけない理由

菊地です。

 

前回、目覚ましを使わずに早起きする方法についてお伝えしましたが…

 

仮にあなたが「早起きの習慣をつけよう」と思っても、ほとんどの場合は三日坊主で終わってしまうと思います。

 

三日坊主…あなたにもきっと経験ありますよね。

 

ただ、新しい事にチャレンジしても三日坊主で終わってしまうのは、しっかりとした理由があります。

 

決してあなたの意思が弱いからではありません。

 

潜在意識には「現状を維持しよう」という、強い姿勢があります。

 

潜在意識には、物事の価値や重要性といったものがわからないので、とにかく新しいことや変わったことを否定し、反対してきます。

 

早起きで言えば、いきなり始めた「朝早く起きる」という行動、つまり今までの現状と違う行動に対して、とにかく否定的に感じ取り、反対してくるのです。

 

ここでとても興味深いのは、

 

「朝は早く起きた方がいいなぁ」

 

とか、

 

「明日からは朝早く起きよう」

 

と考えている時点では、潜在意識は何ら反対をしてきません。

 

ところが、実際に朝早く起床するという行動を開始すると、何日か続けたあたりから反対し始めるのです。

 

「思いつきで、こんなこと始めない方がいいと思うよ」
「寝不足で仕事に支障をきたしたらまずいよ」
「無理して疲れが残ったらマズイよ」

 

といった「ささやき」が聞こえてくるようになります。

 

このささやきに「確かにその通りだよな」と従ってしまうのが、いわゆる三日坊主です。

 

「朝早く起きる」という新たな行動を続ければ、それが習慣化され、今までの現状が変わってしまうかもしれない。

 

そう感じ取った潜在意識が、拒否反応を起こしているのです。

 

潜在意識はあなたに対して、どういう表現や言い回しをしてささやけばその新たな行動をやめてくれるかをよく知っています。

 

そして、その説得力ある潜在意識のささやきによって、当初の志ははかなくも消え去るのです。

 

三日坊主の本当の原因は、あなたの意思が弱いからではなく、あなたの潜在意識が強すぎるからなのです。

 

だったら、この潜在意識の強さを逆に活用する方法を探し出し、実践していけばいいのです。

 

もしも「早起きの習慣を身に付けたい」と思うのであれば、潜在意識を味方につけることさえできれば、すぐに望みを叶えることができるでしょう。

 

そのためにまずは、潜在意識のしくみと特徴を知り、活用していく方法を学んでみることをおすすめします。

追伸:

ランチ会の情報はもうチェックしましたか? 月に1回定期的に開催していますので、潜在意識に興味があればコチラからお気軽にご参加くださいね。

表参道ランチ会

追々伸:

質問や相談があれば、気軽にLINEでメッセージをお送りください。 LINEに友達追加いただいた方には、潜在意識の基礎について学べる小冊子を無料でプレゼントしています。

LINEへの友達追加はコチラ

友だち追加

2018年09月03日

【実践編】潜在意識で早起きしてみよう

菊地です。

 

今日は、潜在意識を実生活で役立てる方法の1つとして、

 

「潜在意識で早起きする方法」

 

についてご紹介したいと思います。

 

たとえば、朝5時に起きる必要があるとします。

 

普段であれば、

 

・スマホで目覚ましをセットしたり
・わざと枕元から離れたところに置いたり
・5分後にまた鳴るようにセットしたり

 

…といった対策をとりますよね。

 

こういった対策は、スマホや目覚まし時計のようなツールに頼った方法です。

 

実は、自分が目覚まし時計になったように、勝手に朝5時に目覚めてしまう…そんな方法があります。

 

それは、寝る前に時計の針が文字盤の5時を指す明確なイメージを持ちながら

 

「私は明日の朝、5時に起きます」

 

と、自分自身に対して宣言すれば良いだけです。

 

潜在意識についてある程度学んでいる人であれば、これが何を意味するかがわかると思いますが、普通の人だと「ホントにそんなので起きられるの?」と思うかも知れませんね。

 

ですので、もしも不安なら5時3分にアラームが鳴るように目覚ましをセットしてみると良いでしょう。

 

これならもし寝過ごしても、5時3分には起きられますからね。

 

ここで、1つだけ気を付けて欲しいことがあります。

 

それは「そんなこと出来るはずないでしょ」と、最初から決めつけてしまうことです。

 

心の中で「できない自分」を明確に望んでしまった時点で、本来できることもできなくしてしまうのが人間の潜在意識が持つ力なのです。

 

潜在意識は、眠っている間も活動を続けています。

 

不眠不休で働く潜在意識の力を体験するカンタンな方法の1つですので、ぜひ体験してみてくださいね。

 

追伸:

 

ランチ会の情報はもうチェックしましたか?

月に1回定期的に開催していますので、潜在意識に興味があればコチラからお気軽にご参加くださいね。

表参道ランチ会

 

 

追々伸:

 

質問や相談があれば、気軽にLINEでメッセージをお送りください。

LINEに友達追加いただいた方には、潜在意識の基礎について学べる小冊子を無料でプレゼントしています。
LINEへの友達追加はコチラ

友だち追加

2018年08月29日

努力して成功する人、努力せずに成功する人

 

・成功は努力の先にある。
・努力なくして成功なし。

 

確かにその通りかもしれません。

 

ですが正確に言えば、

 

「成功するためには努力もその一つの手段である」

 

が正しい表現だ…というのが、私の考えです。

 

なぜなら、

 

【努力しなくとも、成功する人がいる】

 

からです。

 

ここで、「努力」という言葉の意味をよく考えてみましょう。

 

あなたはどのような時に、この言葉を使っていると思いますか?

 

・しんどいことをしなければならないとき
・無理矢理何かを押し付けられてやらされるとき
・自分の不得意なことをしているとき
・義務を果たそうとしているとき
・不本意ながら何かに従わざるを得ないとき

 

こんなときに使うことが多くはないでしょうか?

 

趣味の世界に没頭しているときや、自分の得意とする分野で、時間が経つのも忘れて夢中になっているときは、「努力」なんて言葉は使いません。

 

本人には「努力」という言葉は当てはまらないのに、第三者から見ると「努力している」と見えることも多いです。

 

自分の得意な分野に夢中になる

幸せで充実した時間を過ごす

成功する

 

……という流れが、むしろ自然だと思います。

 

「努力」という言葉は、プロセスをあらわす言葉であり、「結果」ではありません。

 

結果を得るための「手段」を表現しているだけです。

 

「手段」は「目的」ではありません。

 

目的へ向かうための手段のひとつとして、「努力する」という方法がある…ということに過ぎないのです。

 

手段であれば、その人に合った方法が、他にいくつもあるかもしれません。

 

「努力しなければいけない」とか、「頑張らなければならない」といった言葉は、苦痛を伴うことを前提としている危険な言葉でもある、と言えますね。

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

9月15日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

2018年08月02日

「“過去”を変えることはできない」という思い込み

 

菊地です。

 

こんな感じの格言を耳にしたことがありませんか?

 

 

——————————
「他人」は変えられないが、
「自分」を変えることはできる。

「過去」は変えられないが、
「未来」を変えることができる。
——————————

 

自己啓発本なんかでよく引き合いに出されますし、

 

耳触りも良いので印象に残りやすい格言だと思います。

 

…が。

 

あえていいますが、必ずしもそうとは限りません。

 

こういった思い込みが人の可能性を制限してしまっているケースもあります。

 

たとえば、

 

本を読んで実践したり、ある人から影響を受けて新しいことを始めたり…

 

そうやって自分を変えたことはありませんか?

 

「自分が変わった」

 

とも言えますが、

 

見方を変えれば、本の著者や“ある人”が、他人であるあなたを変えたことになります。

 

つまり、他人を変えることは可能なのです。

 

(もちろん、意のままに操れるかどうかは別ですが)

 

では、

 

「過去を変える」

 

ということについてはどうでしょう。

 

結論から言えば、タイムマシーンでもなければ、過去に起こった事実を変えることはできません

 

ただし、あなたの持つ「過去の認識」を変えることはできます。

 

人にとっての過去は、大部分が「記憶」です。

 

正確に言えば、「記憶」と「感情」が、あなたの過去に対する認識を形成しています。

 

過去について思い出すとき、

 

「単なる過去の出来事」

 

というだけではなく、

 

その出来事に対する感情がついてくるはずです。

 

実は、潜在意識を活用すると、過去の「出来事」と「感情」を引きはがすことができます。

 

「過去の解釈を変える」

 

ことが可能になるのです。

 

その結果、どんなことが起きるかというと…

 

・犬がトラウマだったのに可愛がれるようになった

 

・精神的に耐えられなかった親の口癖や台詞が、平気になってしまった

 

・飛行機に乗るとパニックを起こしていたのにリラックスできるようになった

 

といったことが実現します。

 

過去そのものを変えることはできません。

 

ですが、

 

「あなたの中にある過去」

 

を変えることは可能なのです。

 

「他人」も「自分」も、「過去」も「未来」も、その気になればすべて変えられる、ということがおわかりいただけたでしょうか?

 

詳しくはランチ会でもお話していますので、都合があえばぜひ参加してみてくださいね。

 

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

8月18日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社 往来庵

住所:東京都港区南青山5-11-14

H&M南青山 E-404

TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2018年07月25日

“言葉”を使いこなせばコミュニケーションは完璧なのか?

菊地です。

 

「言葉」には、魔法のような力があります。

 

ですが、

 

「言葉をつかいこなすことができれば
 コミュニケーションは万事うまくいく」

 

・・・という訳ではありません。

 

・友人関係がうまくいかない
・夫婦関係がうまくいかない
・上司と折り合いがつかない
・意思伝達がうまくいかない
・自分の想いが上手く伝わらない
・部下とビジョンを共有できない

 

もしもあなたが
こんな悩みを持っているなら、
ちょっと簡単なテストに
お付き合いください。

 

私があなたに、

 

「こんな絵を
 描いてみてください。」

 

とお願いしたとします。

 

想像で構いませんので、
ちょっとイメージしてみてください。

 

その絵は、

 

1, 道路の前にある、赤い屋根の家
2, その家には窓がひとつ
3, そして煙突がひとつ
4, 家の近くには大きな木がある
5, 庭には綺麗な花が咲いている
6, 近くに車が止まっている

 

こんな条件です。

 

さて、あなたの頭の中には、
一件の家のイメージが
浮かんでいると思います。

 

ではその絵は、
私が想像している絵と
うり二つでしょうか?

 

おそらく違うはずです。

 

仮に100人の方に
同じようにお願いしたとします。

 

屋根の色、咲いている花、
車の種類、窓の形、
煙突の位置など…

 

人によって、その描き方は
さまざまだと思います。

 

人の言葉の裏側には、
それぞれの人が捉える世界や
イメージがあります。

 

その人の過去の経験や感情が
反映されることもあるでしょう。

 

たとえば人生について語るときに、

 

「人生はたびたび
予想だにしないことが起こる」

 

という事実に対して、

 

「だから人生って
楽しいんだよね!」

 

と感じる人もいれば、

 

「だから人生には
苦労が絶えない!」

 

と感じる人もいる訳です。

 

大切なのは、
同じ言葉や表現に対して、
受け取る側の姿勢やイメージが、
まったく異なるケースがある、
ということです。

 

人によって、
言葉に対する考え方や
感じ方は違うのです。

 

従って、
言葉や表現だけで、
同じ意味や価値観を
相手に伝えるということは、
とても“難しい”ことだと言えます。

 

これを理解しないまま、

 

「言葉選びさえしっかりすれば、
 自分のイメージ通りに相手に
 意味が伝わるはずだ」

 

と信じ込むことは
危険だ、ということです。

 

「あれだけ言ったのに」
「何でそう受け取るかな・・・」

 

という結末が
生まれてしまうのも、
無理のない話です。

 

言葉や表現は、
相手に何かを伝える際に、
とても便利な道具です。

 

でも万能ではありません。

 

その言葉や表現の
裏側にへばりついている
感情や過去の経験が、
大きく作用するのです。

 

言葉や表現への過度な信じ込みは、
たとえどれだけ正確に表現しても、
危険なものだと理解しておくべきでしょう。

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

8月18日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社 往来庵

住所:東京都港区南青山5-11-14

H&M南青山 E-404

TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

港区の筆跡心理コンサルタントが贈るお役立ちコラム

日本で唯一の筆跡心理コンサルタントは、港区南青山を拠点に活動しております。セミナーやコンサルティングを通じて、たくさんの方の筆跡を拝見したり、ご相談を受け、日々思うこともございます。
そうした想いや皆様にぜひお役立ていただきたい事を、コラムとして配信しておりますので、ぜひご覧ください。コンサルティングは、ヒーリングに近いと言われることがございます。自分の潜在意識に働きかけるだけで、こんなにも自分が変わるのかと皆様驚かれるのです。
コラムではご相談を受けた方を題材にしたケーススタディーや、実際の筆跡を画像でご覧いただけるようになっております。コラムを読むと筆跡心理に興味をお持ちいただけるはずです。気になった方は、港区の筆跡心理コンサルタントにお気軽にご相談ください。