筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2018年07月04日

優れたコミュニケーションの“3つの条件”とは?

菊地です。

 

口には出さなくとも、誰しもが人間関係において悩みを抱えているもの。

 

私のもとにも、

 

「コミュニケーションがうまくいかない」
「コミュニケーションを改善したい」

 

といったご相談が、多数寄せられます。

 

円滑な人間関係を維持したいのであれば、いわゆる“コミュ力(りょく)”を磨きたいというのが一般的な考えなのかもしれませんね。

 

ではあなたは、

 

「優れたコミュニケーション」

 

って、一体どういったものだと思いますか?

 

自分の意見を上手に言葉で伝えることでしょうか?

 

よく見受けられるのは、

 

「自分の言いたいことを、できるだけ正確に相手に伝える」

 

ことが、コミュニケーションの上達につながる…という考え方です。

 

もちろん、これもとても重要なことだと思います。

 

ですが、自分の意思を伝える以前に忘れてはならないこともあります。

 

それが、

 

「相手の立場に立つ」

 

ということです。

 

優れたコミュニケーションスキルを身につけたいのであれば、

 

1,あなたから伝えられる内容について、相手はその必要性を感じているか?

 

  • 2,相手はあなたの意見を聞きたいと思っているか?
  • 3,相手はその話題に興味を持っているか?

 

この3つを意識しておかなければなりません。

 

ようは、

 

「相手にあなたの話を受け入れようとする態勢があるか?」

 

を知らなければならない、ということです。

 

大前提として相手に受け入れ態勢がなければ、何を言っても上手く伝わることはありません。

 

満杯のコップにいくら水を注いでも、どんどん水が溢れ出てしまうのと似ています。

 

コミュニケーションの基本は、

 

「自分の言いたいことを如何に上手に伝えるか」

 

という当たり前のことである以前に、

 

・相手が聞きたがっていることは何か

 

・相手に必要なことは何か

 

・相手が興味を持っていることは何か

 

この3つを素早く正確に見つけ、それに反応してあげること。

 

これこそが、優れたコミュニケーションの基本なのです。

 

言葉だけがコミュニケーションではありません。

 

そう考えると、言葉を必要としない「以心伝心」こそが、最高のコミュニケーションだと言えるかもしれませんね。

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

7月21日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 往来庵
住所:東京都港区南青山5-11-14
H&M南青山 E-404
TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

港区の筆跡心理コンサルタントが贈るお役立ちコラム

日本で唯一の筆跡心理コンサルタントは、港区南青山を拠点に活動しております。セミナーやコンサルティングを通じて、たくさんの方の筆跡を拝見したり、ご相談を受け、日々思うこともございます。
そうした想いや皆様にぜひお役立ていただきたい事を、コラムとして配信しておりますので、ぜひご覧ください。コンサルティングは、ヒーリングに近いと言われることがございます。自分の潜在意識に働きかけるだけで、こんなにも自分が変わるのかと皆様驚かれるのです。
コラムではご相談を受けた方を題材にしたケーススタディーや、実際の筆跡を画像でご覧いただけるようになっております。コラムを読むと筆跡心理に興味をお持ちいただけるはずです。気になった方は、港区の筆跡心理コンサルタントにお気軽にご相談ください。