筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2018年08月29日

努力して成功する人、努力せずに成功する人

 

・成功は努力の先にある。
・努力なくして成功なし。

 

確かにその通りかもしれません。

 

ですが正確に言えば、

 

「成功するためには努力もその一つの手段である」

 

が正しい表現だ…というのが、私の考えです。

 

なぜなら、

 

【努力しなくとも、成功する人がいる】

 

からです。

 

ここで、「努力」という言葉の意味をよく考えてみましょう。

 

あなたはどのような時に、この言葉を使っていると思いますか?

 

・しんどいことをしなければならないとき
・無理矢理何かを押し付けられてやらされるとき
・自分の不得意なことをしているとき
・義務を果たそうとしているとき
・不本意ながら何かに従わざるを得ないとき

 

こんなときに使うことが多くはないでしょうか?

 

趣味の世界に没頭しているときや、自分の得意とする分野で、時間が経つのも忘れて夢中になっているときは、「努力」なんて言葉は使いません。

 

本人には「努力」という言葉は当てはまらないのに、第三者から見ると「努力している」と見えることも多いです。

 

自分の得意な分野に夢中になる

幸せで充実した時間を過ごす

成功する

 

……という流れが、むしろ自然だと思います。

 

「努力」という言葉は、プロセスをあらわす言葉であり、「結果」ではありません。

 

結果を得るための「手段」を表現しているだけです。

 

「手段」は「目的」ではありません。

 

目的へ向かうための手段のひとつとして、「努力する」という方法がある…ということに過ぎないのです。

 

手段であれば、その人に合った方法が、他にいくつもあるかもしれません。

 

「努力しなければいけない」とか、「頑張らなければならない」といった言葉は、苦痛を伴うことを前提としている危険な言葉でもある、と言えますね。

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

9月15日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

2018年08月02日

「“過去”を変えることはできない」という思い込み

 

菊地です。

 

こんな感じの格言を耳にしたことがありませんか?

 

 

——————————
「他人」は変えられないが、
「自分」を変えることはできる。

「過去」は変えられないが、
「未来」を変えることができる。
——————————

 

自己啓発本なんかでよく引き合いに出されますし、

 

耳触りも良いので印象に残りやすい格言だと思います。

 

…が。

 

あえていいますが、必ずしもそうとは限りません。

 

こういった思い込みが人の可能性を制限してしまっているケースもあります。

 

たとえば、

 

本を読んで実践したり、ある人から影響を受けて新しいことを始めたり…

 

そうやって自分を変えたことはありませんか?

 

「自分が変わった」

 

とも言えますが、

 

見方を変えれば、本の著者や“ある人”が、他人であるあなたを変えたことになります。

 

つまり、他人を変えることは可能なのです。

 

(もちろん、意のままに操れるかどうかは別ですが)

 

では、

 

「過去を変える」

 

ということについてはどうでしょう。

 

結論から言えば、タイムマシーンでもなければ、過去に起こった事実を変えることはできません

 

ただし、あなたの持つ「過去の認識」を変えることはできます。

 

人にとっての過去は、大部分が「記憶」です。

 

正確に言えば、「記憶」と「感情」が、あなたの過去に対する認識を形成しています。

 

過去について思い出すとき、

 

「単なる過去の出来事」

 

というだけではなく、

 

その出来事に対する感情がついてくるはずです。

 

実は、潜在意識を活用すると、過去の「出来事」と「感情」を引きはがすことができます。

 

「過去の解釈を変える」

 

ことが可能になるのです。

 

その結果、どんなことが起きるかというと…

 

・犬がトラウマだったのに可愛がれるようになった

 

・精神的に耐えられなかった親の口癖や台詞が、平気になってしまった

 

・飛行機に乗るとパニックを起こしていたのにリラックスできるようになった

 

といったことが実現します。

 

過去そのものを変えることはできません。

 

ですが、

 

「あなたの中にある過去」

 

を変えることは可能なのです。

 

「他人」も「自分」も、「過去」も「未来」も、その気になればすべて変えられる、ということがおわかりいただけたでしょうか?

 

詳しくはランチ会でもお話していますので、都合があえばぜひ参加してみてくださいね。

 

 

【表参道ランチ会のお知らせ】

8月18日(土)に、弊社そばのカフェレストランにて、ランチ会を開催します。

「潜在意識」に興味を持たれている方であれば誰でも参加できますので、

ぜひ気軽に会いにきてくださいね。

参加申込みはコチラからどうぞ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社 往来庵

住所:東京都港区南青山5-11-14

H&M南青山 E-404

TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

港区の筆跡心理コンサルタントが贈るお役立ちコラム

日本で唯一の筆跡心理コンサルタントは、港区南青山を拠点に活動しております。セミナーやコンサルティングを通じて、たくさんの方の筆跡を拝見したり、ご相談を受け、日々思うこともございます。
そうした想いや皆様にぜひお役立ていただきたい事を、コラムとして配信しておりますので、ぜひご覧ください。コンサルティングは、ヒーリングに近いと言われることがございます。自分の潜在意識に働きかけるだけで、こんなにも自分が変わるのかと皆様驚かれるのです。
コラムではご相談を受けた方を題材にしたケーススタディーや、実際の筆跡を画像でご覧いただけるようになっております。コラムを読むと筆跡心理に興味をお持ちいただけるはずです。気になった方は、港区の筆跡心理コンサルタントにお気軽にご相談ください。