筆跡心理コラム

カテゴリー

21日で驚くほど自分が変わる!潜在意識で自分を操る10の方法
菊地克仁
株式会社 往来庵
菊地 克仁

1953年東京生まれ。大学卒業後、飛島建設株式会社に入社。 国内をはじめ、国際事業部の一員として、主に東南アジアの国々(マレーシア、インドネシア他)の建築工事に建築技術者として従事。 1989年 三菱信託銀行に転職し、土地信託事業や不動産有効活用事業に従事。 その後、信託銀行主導で設立準備に参画した新会社に出向し転籍。現在に至る。 2004年ごろから、プロフィールの続きを見る

2017年09月06日

これからNLPを学ぶ人のための基礎知識

NLPとは何か?

Neuro-Linguistic-Programmingを短縮してNLPと表現したもので、日本語に訳すと「神経言語プログラミング」となります。

残念ながら、これはとてもわかりにくい日本語訳かもしれません。

日本語にすると何のことだか益々わからなくなるからです。

簡単に言うと「人の心の取り扱い説明書」だと表現されることもあります。

 

NLPは1970年代の初期、アメリカでジョン・グリンダ―助教授とその学生だったリチャード・バンドラ―らによって研究が始まったものです。

当時、非常に優れた3人の心理療法士に共通するパターンがあることを発見した彼らは、そのポイントを明らかにして水平展開することで、多くのコミュニケーションの場で活用できることを考え、研究を重ねていました。

この優れた3人の心理療法士とは、ゲシュタルトセラピー創始者フリッツ・パールズ、家族療法家バージニア・サティア、催眠療法家ミルトン・エリクソンです。

彼らの持つスキルやパターン、アプローチ方法を実用的で役に立つよう、第三者に伝えることができるようなモデルを作ろうとして生まれた実践心理学がNLPです。

 

NLPを理解する上でとてもわかりやすい逸話があります。

簡単にご紹介いたいと思います。

(「NLP実践マニュアル」 ジョセフ・オコナー箸、株式会社チーム医療発行)より)」

 


 

「ある夕暮れどきに、ラクダに乗った旅人が砂漠のオアシスにたどり着きました。

炎天下を移動してきたので、喉がカラカラです。

彼はそこにいた少年に水を一杯もらいました。

飲み干した後でそのお礼に何か悩みごとがあれば相談に乗ろうと告げました。

 

すると少年は重たい口を開いて、父親が先日、遺言書を残して亡くなったこと、それが元で、今まで仲の良かった二人の兄が遺産の分配で喧嘩が絶えなくなったこと、自分はどうしていいかわからず、とても困った状態だと告げました。

その旅人は自分を家に連れて行くようその少年に頼みます。

家では二人の兄は相変わらず言い争いをしています。

遺言には、唯一の財産であるラクダ達の分配について書かれてあったのです。

ラクダの取り分を長男が半分、次男が3分の1、三男が9分の1とする旨ありました。

でもラクダは17頭だったため、その通りに分けることができなかったのです。

 

旅人は少し考えて彼らに以下の提案をしました。

「私のラクダを君たちにあげようと思う。そうすると全部で18頭になる。長男は半分の9頭、次男は3分の1の6頭、三男の君は2頭ということで遺言通りになる。」

 

すると少年が

「僕たちに分配された頭数を全部足すと(9+6+2=)17頭にしかなりません。」

 

と指摘しました。

 

そこで旅人は、

 

「そうだね。その余った1頭をまた私に返してくれるかね?」

 

と告げ、またそのラクダに乗って砂漠の旅に出て行った。

 


 

 

という話です。

 

NLPとは、この逸話にある18番目のラクダではないかというものです。

人間関係や自分の心の内側の葛藤や精神状態等について、状況に当てはめられ、即座に問題解決し、そしてまるで何ごともなかったかのように解消してしまうものです。

 

NLPはどのような現場で活用されている?

まず自分自身の中にある気がつかない自分特有の思考のクセ、行動傾向、あるいは「本来の自分の姿」などを知る際に活用できます。

このことで、自らの無意識の世界を知り、自ら自己改革ができるようになり、その変化を手に入れることができるようになります。

そして「将来のめざす自分の姿」に向かって、積極的、主体的に行動することができるようになります。

 

次に、この方法を使うことで、自分と同様に他の人にも影響を与えることができるようになります。

これは日常生活のコミュニケーションにとどまらず、カウンセリングやコーチングの場でも活用できるものです。

なお、NLPで学ぶ無意識の世界への具体的なアプローチ方法は様々です。

ここでは詳しくは触れませんが、様々な角度からその人の無意識の世界を刺激して、自身を変えていくことのできるとても興味深い世界だと言えるでしょう。

 

NLPを学ぶとどんなことで役立つ?

「なぜ私は当たり前のごとくこう考えて、自然に行動してしまうのか?」

といった自分自身の思考や行動のクセを知る際に、NLPはとても有効に機能します。

 

NLPの大切な前提には、「既に無意識がその答えを知っている。」というものがあります。

教育の場ではよく行われている「あれこれいろいろ考えて答えを導き出す」といったアプローチとは大きく異なるものです。

NLPでは「無意識の世界に聴いていく」といった様々な手法が取られることが多いようです。

従って、催眠などもその一つになります。

今までの経験や嫌な思い出、常識的な発想や劣等感、ある出来事にこびりついたその人特有の感情など、今までに味わった様々な感情や記憶が意識として残っています。

それらが心の奥底にある「無意識の世界」を覆い隠してしまっているという考え方です。

その覆い隠しているものを一つひとつ丁寧に取り除いていくことで、その人が本来持っている「大切なもの」が「珠」のようになってあらわれ、光り輝いていることを発見する、といったイメージになります。

 

その「光り輝いている珠」とは「あなた本来の姿」です。

それを自ら見つけ出し、改めて自分自身だとして意識するということが、どれだけその人が生きていく上で大きなモチベーションを生むことになるのか、誰でも簡単に想像ができると思います。

 

NLPが「心の取り扱い説明者」と言われる理由はここにあるのでしょう。

自分では目に見えない「心」の取り扱い方を知ることで、自分自身の目的を明確にして自主的に行動する姿を形成し、限りない可能性に向けて邁進するあなた自身を作っていくための優れた道具だと言えるでしょう。

 

詳しくは、「プロが教えるはじめてのNLP超入門」(芝健太著)、「NLP実践マニュアル」(ジョセフ・オコナー ユール洋子訳)などがお勧めです。

 

なお、NLPに関する書籍については、こちらのコラムでも紹介していますので、参考にしてみてください。

 

 

【お知らせ】

あなた潜在意識をマンツーマンで明確化する、無料の診断会を開催しています。

「本当の自分が知りたい」「自分を変えたい」「人間関係の悩みを解消したい」「将来が不安だ」

という悩みを持たれている方は、ぜひお気軽にお申し込みください。

http://subconscious.tokyo/lpa1

[あなたの人生のテーマを発見するための無料診断会]

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 往来庵
住所:東京都港区南青山5-11-14
H&M南青山 E-404
TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年08月16日

潜在意識を活用して引き寄せの法則を起こす方法とは

引き寄せの法則はなぜ起こる?

 

まず、今までに起こったあなたの不思議な体験を思い出してみましょう。

 

「そうだ!あの人、今どうしているのかなぁ・・・」

 

と考えた矢先に、その人から突然電話がかかって来たといったこと、ありませんか?

 

あるいは、初めて参加したパーティでの偶然の出会いがキッカケで、その後最高のビジネスパートナーになったとか、たまたま知り合った相手と恋愛関係になって結婚したとか、たまたま共通の友達がいることがわかりすぐに信頼関係が作れた等々、偶然という形であなたの身に突然起こったことを思い出してみてください。

これらはまさに偶然の顔をして、あなたの目の前にあらわれているのです。

 

あるいはどこか旅先で偶然出会った、ということも同じでしょう。

そのとき、よく考えて欲しいのは、そのことが起こる確率的な話です。

 

特に旅先で偶然出会ったという場合を考えてみましょう。

物理的な地点は無数にあると考えられます。

その同じ地点に同じ時間にいなければ、両者が出会うことはありません。

その確率は、出会うという分子1に対して、分母は、地点数(=∞)×時間(=∞)=∞です。

 

出会う確率は1/∞です。

 

これは計算上の数字ですが、限りなくゼロに近いことがわかります。

こういったことが人生数十年の間で何度も起こるとは、それ自体不思議なことだと思いませんか?

「偶然・・・」という言葉で処理してしまうには、頻度が高すぎるでしょう。

 

ここでどちらかの人の、あるいは両者の潜在意識がお互いを引き寄せていると考えてみましょう。

引き寄せているから偶然のような形で会えるのだ、という考え方です。

この原理原則を知っていて、偶然の出会いをいろいろ意図的に楽しみながら創り出している人は現に存在します。

 

「そんなの偶然に決まっているだろ!」

 

という人にとっては、予期せぬ出来事は本当に偶然のことであって、再現性のないものになるでしょう。

要は、本人が偶然起きた出来事をどうとらえるかということで次に起こることが異なるものになります。

「偶然というものはない、すべて必然だ」と考えることもできます。

こういった考え方の人には、奇跡とも呼べるような引き寄せが、偶然という姿に形を代えて何かが起こるものです。

面白いのは、こういった能力を活かすも殺すも本人の考え方次第で、自由に決められるということです。

引き寄せの法則を起こすために潜在意識をどう活用すればよいのか

 

潜在意識は非常に大きな力を持っています。

あなたが意識するかしないに関わらず、様々な部分であなたの人生に影響を与えています。

その潜在意識に対して、あなたの希望する意図的な方向付けができたら、人生はとても楽しいものになると思いませんか?

ではどうやって潜在意識を活用していけばいいのでしょうか?

簡単に以下にご説明したいと思います。

 

1,まず、潜在意識が何でも決めて、あなたに一定の行動をさせていることを事実として認めてください。

 

2,次に偶然のことが起こったら、たとえそれが良いことでも悪いことでも、潜在意識がやってくれたのだ、と考え、「どうもありがとう」とあなたの潜在意識に告げてください。

今のあなたに必要だから、偶然の形に姿を代えて起こっているのです。

 

3,そして、良いと感じることであれば「次もお願いね!」とささやいてください。

でもそれがあなたにとって好ましくないことだったら、「このことで何を学べと言っているのだろうか?」と考えてください。

これらの言葉は、潜在意識に全幅の信頼を寄せる言葉でもあります。

 

潜在意識は決してあなたの足を引っ張ろうとか、失敗させようとして動いているのではありません。

あなたにとって、本当に良かれと思って動いています。

あなたに何かを学んで欲しい、知って欲しい、喜んで欲しい、幸せを感じて欲しい、といった姿勢で対応しているのです。

 

なお、「そんなことは信用できないから私には関係ない」という生き方もありです。

自分で自由に選ぶことです。

 

注意点・補足

 

あなたが「こんな人に会いたいなぁ」と思っても、引き寄せの法則が起こらない時のことを考えてみましょう。

 

1,「だから、そもそもこんなこと起きるわけがないんだよ!」という解釈もあるでしょう。

こう考えると、この発想を証明するために、すなわち「いくら考えても会うことはできない」という事実が今後も先行することになります。

 

2,「引き寄せが成就しないということは、まだ機が熟していないということかもしれない!自分にまだ問題や課題があるということかもしれない!」という考え方もあります。

これは自分の内部に気持ちを集中することになります。

何が足りないのか、自らが冷静に知るチャンスを生むことになります。

 

3,「○○さんに会いたいなぁ」と願望を持ち続けられるように、いつまでも会わせないように潜在意識がしている場合もあるでしょう。

なぜなら、本当に会わせてしまえば、こういった願望を持ち続けることができなくなってしまうためです。

この場合、願望を持ち続ける姿勢を継続することを成就させてくれているわけです。

 

では、どうすればいいのか?

 

本当にある人に会うことを想定しているのであれば、

 

「私は○○さんに出会ったら、△△を伝える!□□をする!」

 

が、潜在意識に引き寄せを起こさせる正しい働きかけ方です。

 

「○○さんに出会ったら・・・」

 

という具合に、未来の経験を既にしてしまった意識の状態で考えることです。

潜在意識はその未来の経験に従って、現状をつくろうとします。

やがて偶然の形をして、あなたの目の前にその人があらわれることでしょう。

 

ここで気を付けて欲しいのは、「そんなに甘いもんじゃないよ!そんな簡単にいくわけ、ないだろ!」と考える人です。

この人は、結局その考えを立証するためにこれからも行動していくことになります。

そしてその望み通り、決して甘い人生や簡単に希望する人に出会えるようなことが起こることはないでしょう。

この人の潜在意識がそれを望んでいるからです。

 

【お知らせ】

著作「読むだけで深~い眠りにつける10の話」が出版されました!

ご興味がある方は【こちら】からチェックしてみてくださいね。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

株式会社 往来庵

住所:東京都港区南青山5-11-14

H&M南青山 E-404

TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

2017年08月09日

潜在意識で恋愛は叶う?

 

潜在意識と恋愛の関係について

潜在意識が自分のあるいは相手の恋愛感情に、どのように作用するのかといったことは、私にはよくわかりません。

でも相手の潜在意識の世界を理解し、相手の受け入れやすい言葉にしてあなたの気持ちを伝えることで、お互いがより深く理解し合えるような関係を作っていくことはできるかもしれません。

恋愛も初めは基本的なコミュニケーションから始まると思います。

「ああ、この人は私のこと全然わからないだろうな」とか「価値観が違い過ぎるな」などと思われたら、初めから信頼関係すら構築することができず、恋愛関係が成就することはまずないでしょう。

 

潜在意識を活用することで恋愛に役立てることはできるのか?

ここで大切な質問をひとつ。

「恋は、するものですか?それともされるものですか?」と問われたら、あなたは何と答えますか?

 

実はこの質問は少し意地悪な引っ掛け問題です。

「どちらでもありません」が正解です。

なぜなら「恋はしてしまうもの」だからです。

 

よく「感情をコントロールしろ」などと難しいことを言う方がいらっしゃいます。

あなたは、本当に感情をコントロールすることができると思いますか?

何らかの外部からの刺激を受けたとき、瞬時に冷静に考えて、あなたの内側に沸き上がる感情をコントロールして、嬉しさや楽しさ、悲しさや虚しさを感じるようにすることが本当にできるのでしょうか?

 

考えてみればすぐにわかることです。

そんなこと、できるわけがありませんよね。

この「感情をコントロールする」とは、正確に言えば、「自然と湧き上がってしまった感情を、次にどのような行動に移すのかをコントロールする」が正しい表現だと思います。

湧き上がってしまう感情はコントロールなどできません。

だから「恋はしてしまうもの」なのです。

 

湧き上がるような感情そのものを潜在意識とつなげて考えることは難しいかもしれません。

恋愛感情は、「ピンと来た」とか、ふとしたきっかけで生まれてしまうこともあるでしょう。

 

ではここでふたつめの質問です。

潜在意識を活用することは、恋愛に対してまったく無力なのでしょうか?

 

答えは「NO」です。

「この人って私のことものすごくわかってくれている」とか、「いつも私のこと考えてくれる優しい人」、「わたしの考え方と似ている人」という意識を持つと、やがて自然と親近感も湧いてきて、恋愛感情に発展しやすい環境に近づきそうだとは思いませんか?

こうした状態がいくら続いても、友達以上恋人未満のように、恋愛関係に発展しない場合もありますが・・・。

でも、このように相手との間に恋愛感情を生みやすくする環境を整えることに潜在意識は使えるのです。

 

例えばどんな時に使えるのか?

ここで具体的な例を挙げてみましょう。

ある男性が「一人ぼっち」という言葉は「寂しい状態」を示す意味のことであり、そういった環境に身を置くのはイヤだと感じているとします。

そして、女性であるあなたにはそのことが初めからわかっているとしましょう。

 

ある時、この男性が会社を休みました。

朝、会社にかかってきた電話によると、朝起きたときから熱が出て下がらず出社はできないとのこと。

一人住まいなので食事もできない状態が十分考えられます。

ここで先ほどの彼の特性を思い出してください。

今、彼の最も苦手とする一人ぼっちで寂しい状態を熱を出しながら一人で強いられているのです。

 

このときあなたは何をすべきか、すぐにわかると思います。

会社の帰りがけに鍋焼きうどんの具材を買って彼のアパートに行き、「栄養を付けて、ゆっくり休んでね!」といって調理をして、食後には食器まで洗って帰ってきてしまうのです。

彼はその鍋焼きうどんを食べながら、あなたの心の温かさに感動し、「将来を考えたら、大切にするのはこういう人だな!」と身に染みて感じるかもしれません。

この男性は、寂しく辛い状態から一瞬でも回避できたことに大きな感動をしているのです。

後にあなたへの恋愛感情を持つようになっても不思議はありません。

 

ただし、あなたはここで「ナルホドね!」と納得したとしても、どんな相手に対してでもこの行動を起こしていいということにはなりません。

相手によってはあなたに対して図々しい人だとか、変わった行動をする人だといったレッテルを貼ってくるので、十分な注意が必要です。

こういった方法は、あくまで相手の潜在意識の世界が事前にわかっている場合に限ります。

ピントのズレた対応をしてしまうと、あなたのせっかくの親切心や思いやりも、むしろマイナスに働いてしまいます。

 

ここで私がお伝えしたいことは、相手の心にあるスイートスポットにヒットしさえすれば、恋愛感情に発展する可能性が高まることはいくらでもあるだろうということです。

そのヒットする場をどれだけ作れるかによって、恋愛関係の充実度も変わって来ると思います。

 

相手を尊重し、相手の許容できる範囲内であなたの良さを最大限アピールすることは、恋愛関係を作っていく上では基本的なことかもしれません。

 

ただし、ここで注意すべき点が一点だけあります。

本来の自分を偽ってまで、別の自分を演じて相手の恋愛感情を引き出そうとしないことです。

運よく結婚できたとしても、段々慣れてくるとその演技を続け切ることはできなくなります。

相手は幻滅し、後々大変なことになります。

年間に約75万組が結婚し、約25万組が離婚しているという事実は何を物語っていると思いますか?

【お知らせ】

著作「読むだけで深~い眠りにつける10の話」が出版されました!

ご興味がある方は【こちら】からチェックしてみてくださいね。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 往来庵
住所:東京都港区南青山5-11-14
H&M南青山 E-404
TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月30日

潜在意識は眠らない?睡眠中に潜在意識に何が起こっているのか

眠っている間でも潜在意識は活動している

 

意識には2種類あることは既にお話した通りです。

顕在意識と潜在意識です。

睡眠中に眠っているのは顕在意識です。普段行っている、覚えたり、考えたり、判断したりする機能を休ませるために睡眠は絶対に必要なものです。

睡眠は脳を休ませるために行われるものですが、そこにはいろいろと不思議な世界があるようです。

 

因みに、もう一つの意識である潜在意識は、顕在意識と同時に眠ることはないと言われています。

夢を見るのも潜在意識が活動しているからだと考えられています。

ただ、潜在意識には判断力がないので、後で夢の内容を思い出してみると、絶対にありえない話やつじつまの合わない話、理屈がめちゃくちゃな情景など、不合理な部分がたくさんあると思います。

これは顕在意識の常識的発想とか過去の経験に基づく良識が働いていない状態から生まれた結果と言えるようです。

 

そして、こうして顕在意識が眠ってしまっている間に、潜在意識はとても重要なことを行い始めます。

それは、昼間どんどん頭に入ってきた様々な情報の整理を始め、それらの情報を取捨選択したり、あるいは問題の回答を探し出したりするのです。

 

前夜、いくら考えても良い答が見つからないまま寝てしまい、翌朝、目が覚めたと同時に明快な答えが頭に浮かんできた、などと言うことが過去にあなたもありませんでしたか?

 

こういった話は、有名な実話として語り継がれているものあります。

ここでは、以下の2つの事例をご紹介したいと思います。

 

具体的事例

1,化学記号の特殊な配列であるベンゼン環を発見した科学者アウグスト・ケクレ(18291896)の話です1854年、夜遅くまでいた実験室にいたケクレが乗合馬車に乗って帰宅する途中、彼は眠り込んでしまいました。

その時に見た夢の中で、ベンゼン環のもとになる特徴を発見したと言われています。

 

夢の中で突然、蛇があらわれ自分の身体で丸い輪を作り始めたかと思うと、その蛇の胴体にいくつもの大小の球が付いていったというものです。

目が覚めたケクレはこの夢を不思議に思い、絵にしたところベンゼン環の発見につながったと言われています。大小の球は炭素と水素だったと考えられています。

 

彼は実験室の中で、何日も何日も顕在意識を使って散々考えあぐねた末、どうしても答えが出せずにいたところ、乗合馬車の中で見た夢の中にその答えを探し当てたことになります。

それまでに入ったいろいろな情報や知識を、寝ている間に潜在意識が整理し、適宜必要な情報を組み替えながら、望む答えを導き出した好例だと言えるでしょう。

因みにベンゼン環とは以下の元素記号です。薬の成分表などに時々目にすることがあるかもしれません。

スクリーンショット 2017-07-30 16.19.48

 

2,次はミシンの話です。

今ではミシン針の先に糸を通す穴が空いていることは当たり前だと思うかもしれませんが、これも創始者であるアイザック・メリット・シンガー(18111875)が1850年頃に見た夢からヒントを得たと言われています。

 

彼は蛮族にとらえられて柱に縛りつけられ、槍で殺されそうになる夢を見ました。

蛮族たちは各々槍を持っていたのですが、彼はその夢の中で、槍の先端に穴が空いていることに気がつきました。

針の先に穴を空けてミシンに使うという発想がここから生まれたと言われています。

これは有名なシンガーミシンの創始者の話です。

 

これなども、どうやってミシン針を作ろうかと考えて、いくら考えても通常の意識の世界では思いつかなかったようなアイデアが、夢の中でその答えが出てきたことを示しています。

顕在意識が眠ってしまったことにより常識や固定概念に影響されたり邪魔されることなく、潜在意識だからこそできたワザと言えるかもしれません。

 

ここでは過去にあった有名な事例をご紹介しましたが、あなたも朝目が覚めてすぐに何かを思い出して、書き留めておいたことが後でとても役に立ったというご経験があるかもしれません

 

このメカニズムを実生活で役立てる方法

 

こういった潜在意識の特徴を、意図的に自分の人生に有効に活かしていく方法はないのでしょうか?それがあるのです。

 

まず、寝る前にいろいろな情報をどんどん脳に詰め込んでみてください。

本を読んでもいいし、音声で聞いても、映像で観てもいいでしょう。

ただし、潜在意識には映像で格納されるため、活字で読んだ場合は必ずイメージ映像にしておくことをお勧め致します。

 

そして一定のテーマを決めて、「○○について答えを探しておいてね!」とあなたの潜在意識に言い聞かせて、後は布団をかぶって寝てしまってください。

これを何度か繰り返していると、朝起きがけに、本当に適切な答えを潜在意識が運んできてくれます。

 

なおこれをするときは、メモ用紙と鉛筆は必ず枕元に置いておいてください。

そして必ず朝のトイレに行く前に、その思いついたことを書き留めてください。

夢で見たアイデアや答えはトイレで流れていってしまいます。

その前に貴重な情報として書き留めておくことをお勧めします。

 

ここまでの話からもお分かりのように、試験の前の晩に徹夜するというのはまったく効果がないことが良くわかると思います。

頭の中で整理し、定着させる前にアウトプットすることになり、せっかくある2つの意識のうち、片方の潜在意識しか使わずに試験に挑むことになってしまいます。

勿体ない脳の使い方と言えるでしょう。

 

まとめ

 

必要な睡眠時間は人によって異なるために一概には言えませんが、睡眠とは単に身体や顕在意識を休ませているだけではないことは知っておいてください。

寝るという行為は、無駄な時間を費やしているわけでもありません。

潜在意識が、あなたの意識しないところで黙々と活動する時間なのです。

 

日本では、成人の3人にひとりが何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。

睡眠は健康の要となる部分です。

あなたの顕在意識が眠った後に、潜在意識に思う存分働いてもらう環境を整えることは、とても重要なことなのです。

 

【お知らせ】

著作「読むだけで深~い眠りにつける10の話」が出版されました!

ご興味がある方は【こちら】からチェックしてみてくださいね。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 往来庵
住所:東京都港区南青山5-11-14
H&M南青山 E-404
TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2017年07月18日

これから潜在意識を学ぶ人におすすめの入門書7選

潜在意識をこれから学びたい人のために

 

潜在意識という表現を口に出しても、最近では周りの人から変な目で見られなくなりました。

 

30年前のオウム真理教の事件以降、この言葉は人を洗脳するための道具だと考えられたことがありました。

 

他からのマインドコントロールのもとで第三者の意のままに操作されてしまう危険性のある世界のものだ、といったネガティブな話題として、世の中に浸透してきたように思います。

 

今でもそのように信じて、不安を感じる方もおいでになるかもしれません。

 

そこで今回は、潜在意識について学ぶために入門書とも言える書籍を何冊かご紹介していくことに致しました。

 

この中には専門分野に深く入り込んでいる一方で、とても平易な表現をつかって潜在意識について、とてもわかりやすく伝えてくれているものもあります。

 

今回お伝えすることが、潜在意識についてご興味を持ち始めたあなたにとって、有意義な情報になれば嬉しく思います。

 

潜在意識について学ぶための入門書のご紹介

 

1,「はじめてのNLP超入門」

NLPJAPANラーニングセンター芝健太著、成美堂出版)

51zDysHQNWL._SX349_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/dp/4415310117/

お薦めする理由

 

NLP(神経言語プログラミング)はアメリカで生まれた実践心理学と呼ばれる分野の心理学です。

いろいろな専門書や実践して学べる学校なども数多くあるようですが、その専門スクールの芝健太校長により、潜在意識の実践的な使い方がとてもわかりやすく書かれています。

NLPに関する紹介図書ですが、潜在意識について基本的な部分を知って活用したいという方にはうってつけの入門書だと思います。

 

 

2,「潜在意識が答えを知っている」

(マクスウェル・マルツ箸、ダン・S・ケネディ編、田中孝顕訳、きこ書房)

51b9-iiWc5L

https://www.amazon.co.jp/dp/B01ABVFY4O/

 

お薦めする理由

 

精神科医であり形成外科医でもあるマルツ博士だからこそ書けた内容だと思います。

様々な患者を診ながら臨床的に得た経験を合わせて、潜在意識について理論的にわかりやすく書いてあります。

サイコ・サイバネティクス(精神の自動制御装置のこと)の原理と概念を伝えるもので、「潜在意識ってそもそも何?」という方には是非お薦めしたい一冊です。

 

 

3,「こうして思考は現実になる」&「こうして思考は現実になる2」

(パム・グラウト箸、桜田直美訳、サンマーク出版)

419-Gh94-vL._SX305_BO1,204,203,200_ 41tdAJwMm5L._SX338_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/dp/4763133586/

https://www.amazon.co.jp/dp/4763133926/

 

お薦めする理由

 

48時間以内に潜在意識を使う実験をいくつか行い、その効果と潜在意識のパワーを読者に実感させる内容となっています。

ある種の思考(潜在意識)は、いつでも現実の世界に大きな影響を与えている、ということを、様々な実験を通して読者に体験させてくれます。

「引き寄せの法則」と「思考は現実化する」ことを、目に見える形で証明することを目的とした興味深い本です。

 

 

4,「成功の掟」

(マーク・フィッシャー箸、近藤純夫監修、上牧弥生訳)

51P2K707FEL._SX343_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/dp/4820716573/

 

お薦めする理由

 

何気なく使う言葉の中には、実は本人の心の内側をそのまま投影した意味が含まれ、その言葉によって人は無意識にコントロールされてしまっているということがよくわかる本です。

わかりやすい物語風にしてあるので、あっという間に読めてしまいますが、将来の自分の人生を考えるとき、いつまでも心に残る内容になると思います。

読者の潜在意識に刷り込む方法としては、非常に優れた方法だと思います。

 

 

5,「幸福優位7つの法則」

(シェーン・エイカー箸、高橋由紀子訳)

515WF9qk6NL._SX336_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/dp/4198632359/

 

お薦めする理由

 

著者はハーバード大学教授で、成功と幸福について学生や企業で実証実験を行いながら、幸福になる人とそうでない人の差がどこにあるのかを明確にし、その研究結果をわかりやすくまとめたものです。

一言で言えば、「幸福になるためにはどうすればいいのか」その答えが書いてあります。

潜在意識を具体的に使って幸福になることをテーマにした実践的な貴重な一冊だと思います。

 

 

6,「言葉を変えると、人生が変わる」

(クリスティナ・ホールPh.D箸、喜多見龍一編、大空夢湧子訳)

51hUmjlhp2L._SX351_BO1,204,203,200_

www.amazon.co.jp/dp/4899761139/

 

お薦めする理由

 

NLPの分野で取り扱う言葉の使い方を徹底して掘り下げて解説した貴重な一冊です。

NLPの専門分野に深く関わっていくため、簡単に潜在意識について知れればそれでいいという人よりも、潜在意識について理解し練習することで、実生活の中で実践的に使っていこうという人向きの本だと思います。

 

 

7,「影響言語で人を動かす」

(シェリー・ローズ・シャーベイ箸、上地明彦監訳、本山晶子訳)

41jBBHEaKFL._SX342_BO1,204,203,200_

https://www.amazon.co.jp/dp/4788907836/

 

お薦めする理由

 

無意識に使っている言葉には、その人の無意識の世界がそのままあらわれています。

従って、その言葉や表現の特徴を知ることで、その人の特性や思考のクセなどがわかることを実践的に活用していこうというものです。

特に、コーチングやカウンセリングの際など、クライアントの前提となっ

ている無意識の世界や、一定の言葉や思考の前提を潜在意識に入れたいと

きなどには、とても有効なアプローチだと思います。

 

 

まとめ

 

潜在意識と言われてもピンとこない方がたくさんいます。

「潜在能力」と勘違いしたりする方もいます。

もう一方の顕在意識は覚えたり、考えたり、何かを意識して決めたり、といった風に、日常でもよく使われる表現かもしれません。

ところが潜在意識とは、そもそもどこにあるのかも良くわからないかもしれません。

 

でも人の行動のすべては、心の奥底にあるこの潜在意識が司っていると言っても過言ではないでしょう。

筆跡の分析は、その無意識の世界が文字には残されているという考え方で、その痕跡を診ていくものです。

 

ここに挙げた書籍に目を通していただき、潜在意識について少しでも理解の助けになれば嬉しい限りです。

そして、潜在意識の「特徴」とその「しくみ」がわかっていれば、誰にでも使えるようになります。

そしてそのパワーの大きさを信じることができるようになると、あなたの人生は自ずと変わっていくことになるでしょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
株式会社 往来庵
住所:東京都港区南青山5-11-14
H&M南青山 E-404
TEL:03-6450-6641 / FAX:03-6450-6642
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

港区の筆跡心理コンサルタントが贈るお役立ちコラム

日本で唯一の筆跡心理コンサルタントは、港区南青山を拠点に活動しております。セミナーやコンサルティングを通じて、たくさんの方の筆跡を拝見したり、ご相談を受け、日々思うこともございます。
そうした想いや皆様にぜひお役立ていただきたい事を、コラムとして配信しておりますので、ぜひご覧ください。コンサルティングは、ヒーリングに近いと言われることがございます。自分の潜在意識に働きかけるだけで、こんなにも自分が変わるのかと皆様驚かれるのです。
コラムではご相談を受けた方を題材にしたケーススタディーや、実際の筆跡を画像でご覧いただけるようになっております。コラムを読むと筆跡心理に興味をお持ちいただけるはずです。気になった方は、港区の筆跡心理コンサルタントにお気軽にご相談ください。