事例紹介

事例紹介

ケース ①

A子さん 36歳 女性 独身 会社員

相談内容

出産のことを考えると、早く結婚しないと子供が産めなくなる年齢まであまり時間がない。何とか早く結婚したい。知り合いの紹介で、ある結婚相談所にも登録を済ませ10万円単位のお金も払った。もし話が進んで、相談所から相手の方の紹介を受けた場合、具体的にどのように対応すればいいのかわからない。
たとえば、相手に自分を選んでもらうためにはどの程度自分が妥協すればいいのかとか、どの程度までなら相手に目をつぶればいいのかとか、相手の人にどこまでこちらの考えをきちんと伝えていいのか、といったところがよくわからない。
最終的には、相手に選んでもらわないことには結婚までたどり着けないので、何とかしないと・・・と思っている。筆跡を診断して何かの手掛かりになればと思って相談に来た。

この方の前提は、大きく分けて次の3点だったようです。

① 40歳を超えての第一子出産は大変。だから早く結婚しないと子供が産めなくなる。
② 結婚して家族を持つ幸せを持ちたい。
③ 私を幸せにしてくれる男性から気に入られる方法がわからない。

① については、30歳代後半の女性であれば、自分の血を分けた種の保存といった本能的観点から、このように考える女性も多いようです。高齢出産は様々な課題もあるようですが、男性の私にはわかりにくい世界でもあります。
② 今の日本では年間に75万組が結婚し、毎年25万組以上が離婚している(離婚していない夫婦の30%がセックスレス)というデータがあるそうです。
これらの数字から想像するに、「結婚すれば甘い幸せな生活が待っている」というのは、幻想だったと実感する人が、既婚者の半数いるということになります。
③ 相手の男性に気に入ってもらう、選んでもらう、そのために自分はどうしたらいいんだろう・・・という考え方をいつまで続けることができるでしょうか?
なぜ、自分が相手を選んで結婚しようと思わないのでしょうか?

【私からのアドバイス】

これらを踏まえて、以下の話し合いをしました。


1.相手の男性に選んでもらうというスタンスではなく、自分が選ぶスタンスを持つことはできないか?

2.そのためには、自分が輝いて、楽しく明るい人生を楽しむことで、周囲が魅力を感じ、自分から結婚相手を選べるスタンスになりやすい状態になるとは思えないか?

3.自分は、本当は何を一番したいのか?を知ることが最も大切なこと。

4.将来どうなりたいのか、自分の考えている人生の目的地を認識すること。

5.その目的地を決めて、実際の行動に移していくこと。

こういった項目について具体的な事柄を共に考え、変えるべき文字の特徴についてアドバイスをしました。

私との面談中に急に表情が明るくなり、何かに気付いた様子がありました。以後、もっと筆跡診断について多くを知りたいとのことで、勉強を開始されました。人の見方について、とても興味を持った様子で、筆跡について学び始めた内容を生かして、楽しく実践しているようです。

日々の仕事に追われ続ける忙しい社内でも、最近は「何でそんなに楽しそうなの?」とか、「いつも明るくていいね」と好意をもって声がけされるようになり、上司を含む周囲の関係者とも、より良い関係を築きつつあるそうです。まさに輝く人生を開始した証拠で、本人も充実した時間を過ごしているようです。

当初当たり前と考えていた、人前では自分を抑えて我慢したり、相手に何とか選んでもらおう、気に入ってもらおう、とする考えを持つのではなく、自分の良いところを生かして、伸び伸びと行動していこうという姿勢に変わったことによる効果だと思います。

現在、彼女は笑顔の似合う人生を、生き生きとワクワクしながら今もばく進中です。

事例紹介

ケース ②

B雄さん 46歳 男性 妻帯者 歯科医師

相談内容

歯学、医学を問わず、現在の西洋医学一辺倒の対応には限界があり、東洋医学の考え方を取り入れていく必要を痛感している。薬害についても同様のことが言える。

院内の自分の弟子にはそのコンテンツを伝えようとしているが、なかなか伝わりにくく、また少人数にしか対応できないのでこの先を考えると暗くなる。今後どのように対応していけばいいのか、整理したいと思って相談に来た。

この方の前提は次のようなことだったようです。

①西洋医学のすべてが悪いとは言わないが、医者や歯科医は東洋医学の良いところをもっと真摯に理解し、患者への対応に取り入れるべき。

②主に、西洋医学は対処療法、東洋医学は予防医学的な視点での発想が強い。

③多くの人たちに今求められているのは、予防医学的な発想や対応の習慣化である。

④薬には必ず副作用があり、それを抑えるために他の薬を飲むという悪循環を生んでいる。

⑤この悪循環をうまく利用してお金を儲けている業界もある。

⑥素人にはこのことがわかりにくいが、専門家にはすぐにわかる事実である。

⑦こういったコンテンツを、院内にいる自分の弟子たちに教え、患者さんだけでなく、健康な人たちにも伝えていきたい。

⑧自分一人では力に限界がある。

【私からのアドバイス】

これらを踏まえて、以下の話し合いをしました。

1.信念として持っていることは「真実だ」と言い切ることができるか?


2.真実であれば、広く、早く、正確に世の中に伝えることが「義務」ではないか?


3.その義務を果たすための手段として、今行っている方法が最良のものと言えるのか?


4.逆に、どのような状態で世の中に広まっていったらいいと思うか?


5.そのために必要なことは何だと思うか?あるいは不足していることは何だと思うか?


6.自分にはどこまでの覚悟があるか?

といった事柄について、話し合いの場を持ちました。
わかる範囲で私の考えを述べさせてもらい、そのために必要な文字の直し方をアドバイス致しました。

結果として、院内での教育のみに固執することをやめ、ネットで同業者にこの問題についての勉強会の開催を声がけしたところ、何とすぐに10人の専門医が名乗りをあげたそうです。
実は同じ問題で大きな疑問を持っていた方々が多くいたのです。現在、情報交換を目的とする勉強会を定期的に開催され、専門医の意見交換の場を作られています。
従来考えていた「自分の院内で何とかしていこう」といった課題を、自分の目的地だと考えていたこの方は、その上位概念を認識した途端に、今までの目的地が手段の一つでしかなかったことに気づき、広く行動を開始したものです。
当然ながら、専門的な意見や知恵の交換をしながら、笑顔の似合う人生を邁進中です。

筆跡心理.comに関してあなたのご意見をお聞かせ下さい

<個人情報の利用目的>
お客様よりお預かりした個人情報は、以下の目的に限定し利用させていただきます。
・本サービスに関する顧客管理
・本サービスの運営上必要な事項のご連絡

<個人情報の提供について>
当社ではお客様の同意を得た場合または法令に定められた場合を除き、
取得した個人情報を第三者に提供することはいたしません。
<個人情報の委託について>
当社では、利用目的の達成に必要な範囲において、個人情報を外部に委託する場合があります。
これらの委託先に対しては個人情報保護契約等の措置をとり、適切な監督を行います。

<個人情報の安全管理>
当社では、個人情報の漏洩等がなされないよう、適切に安全管理対策を実施します。
<個人情報を与えなかった場合に生じる結果>
必要な情報を頂けない場合は、それに対応した当社のサービスをご提供できない場合がございますので予めご了承ください。

<個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続について>
当社では、お客様の個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の手続を定めさせて頂いております。
ご本人である事を確認のうえ、対応させて頂きます。
個人情報の開示・訂正・削除・利用停止の具体的手続きにつきましては、お電話でお問合せ下さい。
お名前 

フリガナ 

メールアドレス 

ウェブサイト

ご意見

ヒーリングセミナーを自宅のパソコンやスマホからもご受講いただけます

筆跡心理セミナーは港区南青山で開催される機会が多いのですが、足を運びたくても遠方にお住いであったり、忙しい方はなかなか参加が難しいかと存じます。そうした方でも、エッセンスを習得できるようオンライン上のセミナーもご用意しております。
詳しくは、ご利用ガイドにてご案内しております。興味のある講座を選び、クレジット決済するだけで、ご自宅のパソコンやスマホ、タブレットからも視聴ができるようになります。筆跡が変わって自分も変わる、ヒーリング作用を体感してください。
筆跡とヒーリングは無関係な存在に思えますが、自分はこうなると潜在意識で働きかけ、それを文字に表すことでなりたい自分へと繋がっていきます。イライラする自分ともサヨナラできる、筆跡心理をセミナーで学んでみてください。